いくらで始めるの?

取引単位が1万通貨で、ギリシャ・ショックの日(2010年5月7日)に
自動ロスカットが執行されたのは下記のような割合だったそうです。

50万円未満の預け入れ金額の場合、半数以上が自動ロスカットされているのが見受けられます。

投資預金別 自動ロスカットの割合

FX業界の平均預け入れ金額は一口座あたり19万5,000円だそうですが、
※矢野経済研究所「有力FX(外国為替証拠金取引)企業14社の月間データランキング2010年4月」より算出

50万円未満でトレードする場合、取引単位を1万通貨とするのはかなり危険です。
場合によっては即死します。

とは言うものの、トラリピするのにいくらで始めるのかは大した問題ではありません。

強いてあげるなら、サービスステータスが『ブロンズ』以上になるよう、
10万円以上あればよいかなあという程度です。

トラリピで最重要事項はロスカットされないことですが、
このロスカットルールを理解していない方はかなり多いと思います。

さすがに30円や40円落ちたらアウトなのは誰も同じでしょうが、
最低限10円や15円幅の下落に耐えられるポジション枚数に設定すべきです。

では、ポジション枚数はどう決めればいいのか。

これは証拠金維持率の計算式を理解しなければなりません。
実はよく分からない、という方も多いと思いますが、慣れれば案外簡単ですのでご安心を。

>>トラリピのロスカットルール:東京15時ロスカットを理解しよう

トラリピ研究所

トラリピ研究所
トラリピって何?
トラリピに向く人、向かない人
トラリピで気をつけること
トラリピするならこの通貨
いくらで始めるの?
トラリピ設定について
トラリピ計算ツール
FX投資収支報告

■口座開設
トラリピ口座開設
デモトレードでトラリピを試す

■M2Jポイントを貯めよう
ポイント交換商品例
お得なポイントの貯め方
ポイントの有効期限と失効について
サービスステータスについて
ウェルカムメンバー
ダイヤモンドメンバー
ステータスの確認方法